若手で(;´Д`)ハァハァ

ナゴヤ球場での中日ドラゴンズの2軍、ファーム試合観戦情報
HOME > スポンサー広告 > 20071123_中日ドラゴンズ秋季キャンプ、練習_第2弾:落合監督、グランドに立つHOME > .2007 2軍、ファーム 試合観戦記 > 20071123_中日ドラゴンズ秋季キャンプ、練習_第2弾:落合監督、グランドに立つ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) | ↑Top this entry
→HOME←

20071123_中日ドラゴンズ秋季キャンプ、練習_第2弾:落合監督、グランドに立つ 

今回は20071123の中日ドラゴンズ秋季キャンプ、練習_第2弾」と言うことで、
色々な写真画像について。

<秋季キャンプ(練習)関係の記事はこちらからどうぞ(^^)>
・20071123_中日ドラゴンズ秋季練習_第1弾:秋季キャンプ終了!!

・にほんブログ村 中日ドラゴンズファンのブログへGO
・FC2ランキングの野球ブログへGO
・人気ブログランキングの野球ブログへGO



落合監督と福田が何やら…
落合監督と福田が何やら…

どうやらミットについて何か落合監督に言われた福田
ミットについて何か落合監督に言われた福田


この落合監督と福田が話している間練習は止まった状態。
全選手が落合監督の注目
そうなんだよねぇ。
落合監督がグランドに立つだけで、
それだけで全体の空気が張り詰める
コーチ、選手の掛け声にも自然と気合が入るし、
これは昨日観戦した人ならその違いを肌で感じたはず!!

その落合監督がホーム付近からレフト方向へ移動する時に、
サード付近に20人ほどの選手がいたんだが、
落合監督が近づくと一斉に全員が帽子を取り頭を下げ大声で挨拶をする。
そして人垣が左右に分かれた真ん中を、
落合監督が悠然とレフト方向へ歩き去っていく。

いや~この光景にはビックリしたねぇ。
若手選手にとっては監督っていう存在はそんなに圧倒的なものなのかなぁと。
もし落合監督がこの秋季キャンプに初日から今日まですべてに顔を出したら、
若手選手はもたなかったんじゃない?と思えるほどみんな緊張していたね。

例えば宇野、つまり「う~やん監督」が誕生したら、
落合監督のように周りが圧倒される存在感のある監督になるのかと考えても、
正直全く想像できないなぁ。
あっ!
現役の今からすでに周囲に圧倒的な貫禄を見せている立浪なら、
落合監督と同等かそれ以上のピリッとした空気を作りだせるか。



近藤コーチと遠くからノックを見つめる落合監督
近藤コーチと遠くからノックを見つめる落合監督

急に足首を押さえて座り込む浅尾
急に足首を押さえて座り込む浅尾

コーチを始めトレーナーが続々と浅尾の所に集まる
コーチを始めトレーナーが続々と浅尾の所に集まる

トレーナーに付き添われて、名残惜しそうに練習を見つめながら去って行く浅尾
トレーナーに付き添われて、名残惜しそうに練習を見つめながら去って行く浅尾


浅尾については自分の足でベンチに戻っていくこともでき、
軽い捻挫で幸い大したことはなかったらしい。
ある意味秋季練習最終日でよかったよ。
これが初日でそのあと走り込みなどが出来なくなったら、
浅尾にとっては大きな損失になるところだった。



選手に一言二言発して、ご機嫌な2軍監督
選手に一言二言発して、ご機嫌な辻2軍監督

その2軍監督の後ろ姿を見つめる堂上直、春田、岩崎
その辻2軍監督の後ろ姿を見つめる堂上直、春田、岩崎

トスをする菊地
トスをする菊地

ファーストへ走りこんできたチェンにトスをする佐藤充
ファーストへ走りこんできたチェンにトスをする佐藤充

投手陣の打球処理練習を見てニヤリとする落合監督
投手陣の打球処理練習を見てニヤリとする落合監督

落合監督が高橋、菊地を呼びお叱り
落合監督が高橋、菊地を呼びお叱り

石井に打球処理の手本をしてもらい、
それを落合監督の側で見る高橋、菊地
石井に手本をしてもらい、それを落合監督と共に見る高橋、菊地

落合監督の言葉をしっかり聴く投手陣
落合監督の言葉をしっかり聴く投手陣

手を上げさせられる投手陣(どんな質問だったんだろ?)
手を上げさせられる投手陣

落合監督の話を帽子を取り真剣に聞くチェン、清水昭、高江州
落合監督の話を真剣に聞くチェン、清水昭、高江州


投手陣による打球処理に関する練習で…
途中で高橋、菊地の両左腕が落合監督の呼ばれて、
お説教?、ゲキ?を飛ばされる。
たぶんファーストベースに駆け込む時の足の運びについて?

そしてこれまではコーチがボールを出し、
投手陣はファースト、サードと投げる場所が初めから決まっていて、
それぞれにただ投げるだけだった。
それが落合監督がボール出しをすることになり、
打球によって投手陣が各々個人で状況判断して
ファーストに投げるか、サードに投げるかを決める練習に変わった? 自信ない…
状況としてはランナーがセカンドにいるという場面で、
ファースト方向で捕球したらファーストへ送球、
サード方向で捕球したらサードへ送球といった感じで。
(話内容が聞こえなかったので自信はないが…
もし話内容が聞こえて、どんな練習か分かった人がいたらぜひ教えてください)

佐藤充の時に、サード方向に捕れるかどうか微妙な打球が転がり、
そこで佐藤充が最初追いかけたが途中であきらめ、
サードベース上で投手からの送球を待っていたスタッフを指差し、
「サード!!」
と大声で叫んでそのスタッフにボールを取らせるという光景が…
もちろんスタンドからは失笑が沸き起こり、
そのあと佐藤充はもう1度やり直すことに。



寒さで冷たくなった手を温める福田
寒さで冷たくなった手を温める福田

笑顔の澤井
笑顔の澤井

サードのライバルである堂上直、柳田
サードのライバルである堂上直、柳田

森岡とともに動きの良い岩崎
森岡とともに動きの良い岩崎

福田、春田の中に入ると不思議とうまく見える新井
福田、春田の中に入ると不思議とうまく見える新井

しっかりと打球を見て構える堂上直
しっかりと打球を見て構える堂上直

正座で休憩する岩崎
正座で休憩する岩崎

お疲れの森岡
お疲れの森岡

まだまだ課題の多いファースト陣に指導する川相コーチ
まだまだ課題の多いファースト陣に指導する川相コーチ

例の如く1人で黙々と走り続ける高橋
例の如く1人で黙々と走り続ける高橋


・落合監督無言のゲキ 竜秋季練習打ち上げ
(中日スポーツ)

■落合監督
 「こんな練習して“何で”って思うんだろうな。
でも、それは野球を辞めた時にわかるんだよ。
(現役時代の)オレの周りにもいっぱいいた。
もっと練習すれば違っただろうにって選手が」
 「あとは12月、1月をどう過ごすかだな。
これで差がつく。プロなんだから、自分で自分を管理しないと」
 「あいつ(高橋)は一番体力がない。
(シーズンの)旬が1カ月しかないもんな。
いいもの持ってるんだから、来年は旬を2カ月にしたい。
そしたら、どれだけ助かるか」


・チェン、キレてきた! 来季は支配下選手
 台湾でオフ返上だ(中日スポーツ)

■高橋2軍投手コーチ
 「今年はみんなよく投げ込み、がんばったと思う。
特に良くなった選手を挙げるならチェン。
まだ結果が出ていないけど、ボールのキレが良くなった」
■チェン
 「今年の秋はそれほど調子が良かったとは思わないけど、
しっかり練習はできました」
 「来年は1軍に残れるようにしたい」


・佐藤亮 驚きの400球(中日スポーツ)
■佐藤亮
 「限界に挑戦しようとか、そういう考えはなかったんですけど…」
 「オフもフォームを忘れないよう練習します」


・高江洲 9連投締め(中日スポーツ)

チェン、佐藤亮、高江州の3投手については、
2007年11月11日に行われた岐阜大学選抜との試合の観戦レポで、
動画を交えて軽く書きますのでそれをお楽しみに。(12月上旬には何とか…)

ランキング参加中!! 意欲向上に3クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 野球ブログへ面白ければポチっと(^.^)
FC2_バナー面白くなくてもポチっと(^.^)
人気ブログランキングバナー勢いでポチっと(^.^)
私のように遠く離れたドラゴンズファンにとっては、
練習風景を見ることはありませんから、
このブログはたいへん楽しく、
ありがたいことです。
二軍の選手たちの様子もよくわかり、
福田がファーストに転向していたのも知りませんでした。
早くもキャッチャー失格だったんですかねえ。
[ 2007/11/24 22:10 ] [ 編集 ]
こんばんわ、kiriyaさん。
コメントありがとうございます。

>このブログはたいへん楽しく、 ありがたいことです。
そう言っていただけるとブログをやっている者としてもうれしい限りです(^^)

福田のファーストコンバートは自分も初めて知った時はビックリしました。
捕手失格というよりは落合監督も注目している自慢の打撃を生かして、
試合出場機会の多いだろうファーストで経験を積むことが、
試合にあまり出れない捕手として来年もやっていくよりは、
本人にとっていいことだと首脳陣が考えたんじゃないですかね。
[ 2007/11/25 00:37 ] [ 編集 ]
ひねくれ者の小父さんにとって、何の意趣も持たない報道は嬉しいものです。
大変でしょうが、頑張ってこれからも色々な情報を楽しみにしています。

しかし、練習で監督にそんなに畏敬を感じるなら、滅多に無い一軍でのチャンスに、結果を出すのは大変ですね。
色々な意味でプレッシャーと戦う選手を尊敬します。
[ 2007/11/25 06:23 ] [ 編集 ]
こんばんわ、ニガウリおじさんさん。
コメントありがとうございます。

温かいお言葉ありがとうございます。
私自身現金なもので、そういう一言でブログ更新意欲が随分高くなったりします(^^)

落合監督は他のコーチ陣とは一線を画した特別なオーラを感じました。
もしかしたら若手には1軍で結果を出すよりも、
落合監督の目の前で練習する方が緊張したりなんてことも(^^;
[ 2007/11/25 20:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
はじめに+サイトマップ
他球団ファン用まとめ一覧
Lc.ツリーカテゴリー
現在修正中…
スポンサードリンク

プロフィール

ドアラマニア

Author:ドアラマニア

20代
愛知県在住

近いうちに
詳しいプロフィールを作るかも

ランキング参加中!!
Amazon.co.jp

QRコード
QRコード
開設日数+更新ペース
いろいろ

人気ブログランキング - 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪


ページランク


ページランク

ページランクの偽装チェックツール

ページランク専門学校

スカウター : 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪




野球についてのブログを表示する.

人気ブログランキング