若手で(;´Д`)ハァハァ

ナゴヤ球場での中日ドラゴンズの2軍、ファーム試合観戦情報
HOME > スポンサー広告 > 木俣達彦の暴走(笑)HOME > .2007 1軍 中日ドラゴンズ 試合など > 木俣達彦の暴走(笑)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) | ↑Top this entry
→HOME←

木俣達彦の暴走(笑) 

11月6日、CBCラジオ・久野誠のドラゴンズワールドは、
論説員に中日ドラゴンズOBの木俣達彦を迎えて始まった……

・にほんブログ村 中日ドラゴンズファンのブログへGO
・FC2ランキングの野球ブログへGO
・人気ブログランキングの野球ブログへGO

<色々リンク>
・CBCラジオのドラゴンズワールドHP
・木俣達彦のwiki
・久野誠のwiki
・CBCの久野誠プロフィール



警告!警告!!
日ハムファンは 決 し て この先を見ないように!!
見ても何もいい事はありません!!





















<オープニング>


久野 「さあ、論説員は岡崎の英雄木俣達彦さんです!
    木俣さん、こんばんわ。」

木俣 「はい、こんばんわ。」

久野 「あれ?えらい落ち着いて張りますね。
    2重のおめでとうございます。
    OBとして53年ぶりの日本一、おめでとうと言うことと、
    そして、木俣さんは11月1日、
    111の1並びに見事日本一に中日がなるんだ!
    4勝1敗でおっしゃったように、
    見事な的中振りであります。」

木俣 「あんまり嬉しくないですよ。

久野 「あら? …あら?」

木俣 「これはねぇ、力の差が歴然としておるんで、
    勝って当然だと思っていたからね。


久野 「 誰 で も 予想できること?」

木俣 「 誰 で も ! 

久野 「そうですか(笑)」

木俣 「そのままやったかなぁ。それで終わりですよ。
    あんまりそのねぇ、
    感動と言うのはなかったような気がする。


久野 「読者の皆さんが感動してましたよ。
    優勝終わった後の優勝特番、ラジオの方で、
    皆さん、この中日の久しぶりの日本一よりも、
    木俣さんの予想が 当 た っ た !!
    これにもう皆さん驚いて。」

木俣 「これはもうキャンプの時からね、
    これはもう分かってたことなんですよ。」


久野 「すいません、木俣さん。
    ちょっとそれは違うと(笑)
    木俣さんはレギュラーシーズンぶった切って、中日が勝つ。
    そして、クライマックスシリーズで 負 け る とおっしゃったんです。」

木俣 「そう、そうなのね。
    それでクライマックスシリーズ2位の方が有利だとね。
    それで2位になったでしょ。
    それで日本一と。
    何かその辺がチグハグだね、僕の予想もね(笑)」


リスナー 「どうして日ハムの捕手はインコースを攻めなかったんですか?」

木俣 「相手のピッチャーがスピードがなかったんじゃないかと思うんですよ。
    だからインコースに攻めるのが怖かったと。
    そういうことが僕はあったんじゃないかと思うんですね。
    谷繁との差が出たと僕は思いますね。」






<ドラゴンズファクトリー:日本一の検証>


木俣 「第1戦負けましたけどね。
    川上が投げて負けましたけれど。
    あのスリーランホームラン打たれましたよね。
    これは(セギへのカウントが)2-0になったんですよね。
    で、谷繁がウエストボールの要求をしましたね。
    ウエストを放ったわけですよ。
    完全にボールですね。
    これをホームラン打たれたわけですけど。
    これは勝負に行ったボールじゃないんですよね。
    その後もう1本打たれましたよね。
    これも完全に詰まったセンター前だったかな。
    ですから勝負に行ったそのボールは、
    1球たりとも芯に当たったことはなかったんですよ!
    川上はね。
    だからもう、川上と谷繁のコンビネーション。
    ほとんどインコースで勝負できたんですよね。
    アウトコースを見せておいてインコースで勝負すると言う、
    まぁこれは自分で考えたのか、あるいはスコアラーが考えたのか、
    どっちか分かりませんけど、
    スコアラーのデータもありますね、そして自分のデータもありますね。
    それが合っているか合っていないか、
    第1戦でモノの見事に谷繁が自分のものにしたと、思うんですよ。
    だから、そこで第2戦から、
    よし、オレの肌で感じたものとスコアラーのデータと、
    第1戦負けたけどここで一致したと思うんですね。
    だから第2戦から谷繁のリード、ズバズバ当たりましたね。」


久野 「そうすると4勝1敗で日本一となった一番のポイントは、
    第1戦であるということですか?」

木俣 「そう思いますね。
    MVPは中村が取りました。
    それはみんな、僕もそう思いましたけど、
    影のMVPと言ったら川上と谷繁のコンビネーションでしょ。
    負けたけれども、この人たちに何か功労賞か何かやりたいなぁと。
    それぐらいモノの見事の谷繁のリードと、
    それについてきたピッチャーと言うことだと思いますね。」


久野 「で、オープニングでもおっしゃっていましたが、
    力の差が歴然としていた、そういう一面もあった日本シリーズですか?」

木俣 「これは、負けようがないね!
    私が監督でも勝ちますよ、これはね。
    誰がやっても(笑)」


久野 「4勝1敗は誰でも予想できたことですか?」

木俣 「そーです、そーです(笑)
    あれね、5番に工藤と言うのが入ってたでしょ。
    たぶん、これ中日に来たらファームだと思いますよ。
    うん、外野手に入れないと思う、僕。」


久野 「ホントですか?」

木俣 「入っても守備要因だね。そんなところですよ。
    で、サード小谷野ね。
    これも中日だったら出れないでしょ。」


久野 「ホントですか?」

木俣 「うん。で、キャッチャー鶴岡。
    これ間違いなくファームですよ。」


久野 「思い切ったこと言いますね(笑)」

木俣 「で、ファースト稲田。これも出れませんよ!

久野 「木俣さん、ハムのファンに怒られますよ。」

木俣 「ヘッヘッ(笑)」

久野 「うちはレギュラーシーズン2位だった。
    向こうは堂々1位で、しかもクライマックスで勝ち上がって、
    完璧なパリーグ代表なんですよ。」

木俣 「ほんで、DHじゃないでしょ、こっち来たら。
    5番、6番、7番、8番、9番、
    こんな、打たれる気がしませんもん!


久野 「……あ、そうですか。
    そこまで言われると中日の勝ちの重みが下がるような(笑)、
    そこまでは言われたくないなと思いますけど。」

木俣 「それだけ歴然としておるんです。
    僕は楽勝!!と言いましたけど、
    それぐらい力は、よくぞパリーグで勝ったなと思いますよ。
    ダルビッシュだけで勝ったんじゃないかとそんな気がしますね。」


久野 「だけど十何連勝ありましたよ、最後に。」

木俣 「あったね。
    あれはもう、シンジラレナーイ!!
    勝ったのがシンジラレナーイですね。」


久野 「交流戦すごかったですよね。」

木俣 「交流戦からよかったんですよ。
    あの頃連勝続いていたんだよね。
    でも、平野謙と僕話したんですよ。
    『今出来すぎなんで、うちらはそんな強いチームじゃない。』
    って言ってましたよ。
    『中日は強いなぁ~うちは全然駄目だよ~』と、
    僕に20分ほど話していましたけどね。
    本人、コーチがそう言っているんだから。
    監督も信じられないって言っているんだから。」


久野 「何か小沢さんが自分の党をあんな風に言うのと、
    似てるような気もしますけど。」

木俣 「だから、優勝してもそんなに
    オモシロクナーイ! トウゼーンと。」








    


一言、

木俣、お前は
酔っ払いの
オッチャンかよwww

木俣達彦

ランキング参加中!! 意欲向上に3クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 野球ブログへ面白ければポチっと(^.^)
FC2_バナー面白くなくてもポチっと(^.^)
人気ブログランキングバナー勢いでポチっと(^.^)
前々から木俣さんの解説は好きだった。
あの断言ぶりがほほえましい。
それに、日本シリーズは
ドラゴンズファンはみんな
木俣さんとおんなじこと考えていたと思うんですよね。
工藤・稲田なんて、ありゃ使わないだろうし、
稲田に一本ヒット打たれたのが腹が立つくらいで、
小谷野は来年中田が来るから首が危ない。
陰のMVPは谷繁というのは同感。
[ 2007/11/07 10:18 ] [ 編集 ]
どうもはじめまして
それにしても凄いですね木俣さんw
日ハムはセギノール解雇 金村はトレード
中田は捕手挑戦?とちょっと来季が心配ですね
[ 2007/11/07 12:03 ] [ 編集 ]
こんばんわ、kiriyaさん。
コメントありがとうございます。

そうですね。
木俣さんは中日OBの中でも、
中日ドラゴンズがホントに好きだ!!と言う感じが、
傍から見て、聞いていても大変よく分かり、
いちドラゴンズファンとしては共感できる部分が多いです。
今シリーズの谷繁の奮闘振りがMVPに値する働きと言うのは、
ホントにその通りだと思います!!

ただ日ハムの選手について、仮に実際そうだとしても、
個人的にはああいうコメントはあまり言って欲しくはないですね。
[ 2007/11/07 21:59 ] [ 編集 ]
はじめまして、太田ライトさん。
コメントありがとうございます。

木俣さんの暴走は誰にも止めることは出来ません(^^)

日ハムは今年も新庄、小笠原、岡島がいなくなって厳しいと言われていましたが、
結局パリーグ優勝、そしてクライマックスシリーズ制覇で、
日本シリーズに進出するまで行ったことがホントにすごいです!

来年についてはダルビッシュを含めた投手陣次第ですかねぇ…
とりあえず、梨田監督の手腕に注目ですね!!
[ 2007/11/07 22:02 ] [ 編集 ]
管理人さん、「仮に実際そうだとしても」って、
ひょっとしたらほんとにそう思ってません(笑)。
しかし、だから木俣さんは
その実績から言って監督になってもおかしくないのに、
監督の話はないなあ。
性格のせい?
あのまさかり打法、覚えていますよ。
「山から出てきた金太郎」ってテーマソングに乗って。
[ 2007/11/07 22:07 ] [ 編集 ]
こんばんわ、kiriyaさん。
コメントありがとうございます。

>管理人さん、「仮に実際そうだとしても」って、
>ひょっとしたらほんとにそう思ってません(笑)。

これに関してはノーコメントで(笑)


自分は木俣さんの現役時代は知りませんが、
数字を見る限り驚くほどの1流の成績を残しているのに、
そして捕手と言うポジションでもあるのに、
年齢的にもまだ十分やれるのに、
他球団を含めて監督、コーチの話がないのは不思議ではありますよね。

>「山から出てきた金太郎」ってテーマソングに乗って。

これは木俣さんのキャラにピッタリですね(^^)
[ 2007/11/07 22:36 ] [ 編集 ]
戦後日本のプロ野球で、
捕手で三割を打っているのは三人だけ。
野村、古田、そして木俣さん。
野村・古田は監督になった。
しかし、木俣さんは・・・・
でも引退後しばらくドラゴンズのコーチをやったはず。
[ 2007/11/08 08:41 ] [ 編集 ]
こんにちわ、kiriyaさん。
コメントありがとうございます。

>捕手で三割を打っているのは三人だけ。
>野村、古田、そして木俣さん。

こうやって文字で見ると改めてそのすごさが分かります。


>引退後しばらくドラゴンズのコーチをやったはず。

ということは木俣さん自身がコーチよりも解説者の方が、
自分に合っていると思ったんですかね。
[ 2007/11/08 16:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/16 20:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/10/24 09:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
はじめに+サイトマップ
他球団ファン用まとめ一覧
Lc.ツリーカテゴリー
現在修正中…
スポンサードリンク

プロフィール

ドアラマニア

Author:ドアラマニア

20代
愛知県在住

近いうちに
詳しいプロフィールを作るかも

ランキング参加中!!
Amazon.co.jp

QRコード
QRコード
開設日数+更新ペース
いろいろ

人気ブログランキング - 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪


ページランク


ページランク

ページランクの偽装チェックツール

ページランク専門学校

スカウター : 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪




野球についてのブログを表示する.

人気ブログランキング