若手で(;´Д`)ハァハァ

ナゴヤ球場での中日ドラゴンズの2軍、ファーム試合観戦情報
HOME > スポンサー広告 > 平田良介の打撃フォーム探しの旅HOME > .2007 1軍 中日ドラゴンズ 試合など > 平田良介の打撃フォーム探しの旅

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) | ↑Top this entry
→HOME←

平田良介の打撃フォーム探しの旅 

2年目19歳の平田良介外野手が今大きく羽ばたこうとしている。
思えば3冠王3度の落合監督に、
「オレ以上の打者になる」と言わしめた逸材。
2005年高校生ドラフトでは中日ドラゴンズのスカウトは、
履正社の岡田や東邦の木下を推していたが、
甲子園での1試合3HRなどの大活躍を見た落合監督の一声によって、
運命的にドラフト1位で中日ドラゴンズへの入団が決まった。


ただ入団してからはAAAで痛めた肩の治療や再発などあり、
ここ2年は期待通りの成績が残せていなかった。
特にあの平田特有の打撃フォームが各所で議論を呼んだ。

2年目の春季キャンプでは、
落合監督自ら平田の打撃フォームの改良に乗り出したが、
結局しっくりこなかったのか高校生時代の打撃フォームに戻すこととなった。


その平田良介の色々と意見が出るだろう打撃フォームが、
ここ数日で劇的に変化してきた……

・にほんブログ村 中日ドラゴンズのブログはこちらからGO
・FC2ランキングで野球のブログを探すならこちらからGO

変化後の平田の打撃フォームの前に、
まずは今年の2軍ファーム)での打撃フォームを見てみよう。
10月4日の1軍の広島戦でスタメンで出場した時までは、
この打撃フォームでずっと通していた。

オープン気味の構えから投手が振りかぶると始動する。
ここで普通の右打者の左足は足を上げてタイミングを取るか、
すり足でタイミングを取る場合が多いが、
平田「ツーステップ」でタイミング、間を取っている。

普通の打者はこの下半身主導でタイミング、間を取っているが、
平田の場合はこれプラス、バットを持つ腕の、
トップに行くまでのグニャグニャした動きによってもタイミング、間を取る。
このトップに行くまでの動きも2段階で動く。
この2段階のグニャグニャした動きのせいかトップがうまく作れていないのが、
ドラフト時から色々問題視されていたことの1つである。

で、もう1つの問題視されていた事はというと、
落合監督、中村紀洋でご存知の、
「アウトステップ」についてである。
一般にアウトステップだと腰が逃げてミートの瞬間に力がうまく伝わらない。
しかし、この平田は、
まだ落合監督、中村紀の域までは行ってないにしても、
腰がミートの瞬間までしっかり入っているらしい。
個人的にはアウトステップについては正直よく分からないので(^^)

そのあとのボールをミート後の右腕の押し込み、
そしてフォロースルーのバットの体の巻きつきは、
非凡なものを感じさせる。

<2007年9月29日、2軍の巨人戦での平田良介の打撃フォーム>
20070929_平田良介120070929_平田良介220070929_平田良介320070929_平田良介420070929_平田良介5

20070929_平田良介620070929_平田良介720070929_平田良介820070929_平田良介920070929_平田良介10

20070929_平田良介1120070929_平田良介1220070929_平田良介1320070929_平田良介1420070929_平田良介15

<2007年9月29日、2軍の巨人戦での平田良介の打撃フォーム(横から)>
20070929_平田良介1-120070929_平田良介1-220070929_平田良介1-320070929_平田良介1-420070929_平田良介1-520070929_平田良介1-6

20070929_平田良介1-720070929_平田良介1-820070929_平田良介1-920070929_平田良介1-1020070929_平田良介1-1120070929_平田良介1-12

<20070929_平田良介_3打席目_中安1・4打席目_右本2>



10月4日に1軍の広島戦にスタメン出場した時は、
上の打撃フォームで望んで4打数無安打2三振と、
1軍の壁を痛感する散々な結果に終わった。



それが10月6,7日の試合では平田の打撃フォームが、
目を疑うような劇的な変化を遂げていた。
その1つの要因としては立浪の助言が上げられるだろう。


 4日は押し出し死球で打点を挙げたものの、4打数無安打。
「ヒット打たないとどうにもならないと思った」ところへ、
立浪が手を差し伸べてくれて、6日の試合前にアドバイスを受けた。
「打つときに体が入りすぎていたので修正するよういわれました」。
それが、プロ初安打に即つながった。

(中日スポーツ10月7日紙面)


そのためか、今までのツーステップをやめ、
足を大きく上げてタイミング、間を取るゆったりとしたスタイルに変えた。
それプラス、トップに行くまでの腕のグニャグニャした動きもだいぶ少なくなり、
しっかりとトップを作ることが出来き
そのおかげでボールの見極めも出来、色々な球に対応できるようになった。

そうなると、もともと高レベルのリストの強さ、バットコントロールがある平田が、
1軍で結果を残すことはある程度予想できたことか。

10月7日の横浜戦では第3打席で相手投手木塚に、
執拗なまでにインコースを攻められたがうまくファールでカットして、
最後はアウトコースのボール気味の球をうまくセンター前に運ぶヒット。
平田特有の右への大きい当たりを生み出す強靭なリスト!!

第4打席では160キロ投手クルーンから、
158キロのストレートをセンターへクリーンヒットを放つ。
160キロ近いストレートにも力負けしないスイング!!

<2007年10月7日、1軍の横浜戦での平田良介の打撃フォーム>
20071007_平田良介120071007_平田良介220071007_平田良介320071007_平田良介420071007_平田良介5

20071007_平田良介620071007_平田良介720071007_平田良介820071007_平田良介920071007_平田良介10

20071007_平田良介1120071007_平田良介1220071007_平田良介1320071007_平田良介1420071007_平田良介15

<20071007_平田良介_3安打>


<2007年10月7日と2007年9月29日の平田良介の打撃フォームの比較>
平田良介_20071007と20070929の打撃フォーム比較




2,3日でこれほど打撃フォームを変えて見事対応する力を見ると、
今まで以上に 期 待 し た く な る 。

平田良介の打撃フォーム探しの旅は,
まだまだ始まったばかりである。
20071007_平田良介16

ランキング参加中!!
にほんブログ村 野球ブログへ面白ければポチっと(^.^)
FC2_バナー面白くなくてもポチっと(^.^)
はじめまして、管理人さん。

最近になってこちらを拝見させてもらっています。

平田、すごいですよね。

彼が高校2年のとき、私は徳島で大学生だったのですが、
大阪大会の様子がTVで放送されていました。

こいつはスゲェェ!!とTV画面越しに驚愕したものです。

この年の大阪桐蔭は大阪大会の決勝で敗れましたが、
翌年の全国ベスト4よりも力は上だと思いました。

特に、2年生で4番を打つ平田のイカツイ体格と
打球の速さは特筆モノ。

あの独特の構えも手伝ってか、打席に立つだけで
相手を震え上がらせるオーラがありました。

そしてあの3本塁打。
(風が無かったら2打席目がレフトフライの代わりに
二塁打はライトスタンドでしたね)

自分の中では、圧倒的に平田>>中田です。
広角に長打が打てるのが非凡だし、
ファーム日本選手権の映像もらしさが出ていて、
素晴らしいと思いました。

怪我の影響でやっぱり肩力は若干下がっただろうし、
ヘッドで帰塁できないので
俊足でも盗塁しにくくなったことでしょう。

それでも打撃フォーム改造後(?)も
並の選手よりも力強さを十分に感じます。

若手をあまり起用しないと批判を浴びる落合監督でも、
(これは選手の力量の問題だと思っていますが)
アクシデントもあるとはいえ、CSでのスタメン起用。
やっぱり彼には何かがあると思います。

俊足・強肩・強打のセンターとして、秋山のように
なってほしいものです。

彼の過去の雄姿から現在に至るまで、
貴重な画像をどうもありがとうございました。


[ 2007/10/14 13:02 ] [ 編集 ]
せっかく投稿したのに、少し抜けていました。

今までの平田のバッティングフォームは、

大上段に振りかぶり、身体ごと全体重を

ボールにぶつけるような感じで、

1mでも遠くに飛ばしてやる!

という、なんだかゴルフのドラコンのような

打ち方だと思いました。

それでもある程度芯で捕らえていた彼の能力は

やはり驚きです。

普通の理にかなった(?)フォームだとどうなるのか、

非常に楽しみです。
[ 2007/10/14 13:30 ] [ 編集 ]
はじめまして、ラディッシュさん。
コメントありがとうございます(^^)

アマチュア時代に見て衝撃を受けたような選手は、
プロに入った後のどうなったか気になりますよね。
自分は平田の高校時代については、
3年の甲子園での活躍しか見たことがなかったのですが、
2年生時から既にすごかったんですね。
ますます期待したくなります(^^)

平田は福留、英智などレギュラークラスの選手の不慮の怪我によって、
1軍での活躍を場を与えられるようにまでなりました。
そういう意味ではホントに何か持っているものがあるんでしょうね。
ただ活躍の場は与えられましたが、
そこでチャンスを掴むかどうかはこれから次第。
中日ドラゴンズに大阪桐蔭出身の平田良介ありを、
この機会にぜひ全国の野球ファンにアピールしてもらいたいです!
[ 2007/10/14 17:50 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/06/06 05:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
はじめに+サイトマップ
他球団ファン用まとめ一覧
Lc.ツリーカテゴリー
現在修正中…
スポンサードリンク

プロフィール

ドアラマニア

Author:ドアラマニア

20代
愛知県在住

近いうちに
詳しいプロフィールを作るかも

ランキング参加中!!
Amazon.co.jp

QRコード
QRコード
開設日数+更新ペース
いろいろ

人気ブログランキング - 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪


ページランク


ページランク

ページランクの偽装チェックツール

ページランク専門学校

スカウター : 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪




野球についてのブログを表示する.

人気ブログランキング