若手で(;´Д`)ハァハァ

ナゴヤ球場での中日ドラゴンズの2軍、ファーム試合観戦情報

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) | ↑Top this entry
→HOME←

四球王返上!? 

ドラゴンズvsジャイアンツ 15回戦
チーム名
ジャイアンツ
ドラゴンズ×

(巨)福田、真田、吉武、西村、山口-阿部、加藤
(中)中田-谷繁
 ▽勝 中田19試合9勝6敗
 ▽敗 福田11試合5勝5敗
 ▽本塁打 ウッズ28号(2)(福田)=3回
        李炳圭5号(1)(真田)=4回
        ウッズ29号(2)(西村)=6回
・TBSの試合結果詳細
◆落合監督
「横浜で交代させたのがいい薬になったのだろう。
巨人打線は逃げたらやられる。
中田は元々そんなにコントロールが悪い投手ではない。
ウッズは8月の初本塁打?知らなかった。よく歩かされていた。
スクイズはもう当分やらない。」
20070812_ウッズ中田 20070812_英智

・にほんブログ村 中日ドラゴンズのブログはこちらからGO
・FC2ランキングで野球のブログを探すならこちらからGO

何とビックリあの球数王子、四球王子の中田が、
今年2度目の完投を達成(^^)V
ちなみに球数は122球となかなかの数字。


そこで今日の中田のちょっとしたデータを出してみた。
初球ストライクかボールか、でそれぞれでの打席での結果について。

中田が今日対戦した巨人の全36打者のうち、
初球ストライクが25打者(70%)、
初球ボールが11打者(30%)。


 まぁ今日はストライクゾーンが広かったこともあるけど、
コントロールが悪い中田の初球ストライクが70%もあるのは、
ホントに奇跡に近い数字だね。
ただ中田という投手は、
2ストライクに追い込むまでは最高の投球をするが、
そこから打者を仕留める肝心の勝負球が、
甘くなって打たれることが多いんだよなぁ、残念なことに…
それを改善できればもっと防御率も良くなり、
勝利数ももっともっと稼げると思うんだが。


初球ストライクの25打者のうち、
アウトが22打者(88%)で、
出塁が3打者(12%)。


 中田は1つ1つのボール自体は、
ストレート、スライダー、そして今日特に冴えていたフォークと、
1級品のボールを持っている。
だから、初球ストライクを取れればアウトが88%と、
高確率で打者を打ち取ることができる。


初球ボールの11打者のうち、
アウトが5打者(45%)で、
出塁が6打者(55%)。


 初球ストライクが取れたときは9割近くアウトにできていたが、
初球ボールになると一転アウトと出塁が5分5分になる。
これはどの投手でもそうかもしれないけど、
どの打者に対してもストライク先行で早めに追い込むことが、
打者を打ち取るための最良の手段かもね。
20070812_中田1 20070812_中田2



これで2007年の中日ドラゴンズの完投は、
山本昌、朝倉に続いて中田3人目(4度目)になる。
中田はヤクルト戦で5回コールド試合で、
意外にも1度詐偽みたいな完投勝利を記録している。

去年は佐藤充が彗星のように現れて完投数を稼いでくれたけど、
今年はそういうのがないから中継ぎに負担がかかっているねぇ…
何とか先発陣にはこの苦しい夏に完投勝利をするような奮起を期待!!

ランキング参加中!!
にほんブログ村 野球ブログへ面白ければポチっと(^.^)
FC2_バナー面白くなくてもポチっと(^.^)

・ウッズ勝ち越し28号2ラン
 (日刊スポーツ)

 中日ウッズが、勝ち越しの28号2ランを放った。
1-1の3回、無死一塁で巨人先発福田の
140キロ直球をジャストミート。
右中間に10試合ぶりとなる1発をたたき込んだ。
「とにかく強く打つことを心がけた。
久しぶりのホームランはうれしいね」と話した。

・巨人に2連勝、ゲーム差を2に
 (日刊スポーツ)

 中日が首位巨人を投打で圧倒した。
直接対決3連戦での勝ち越しを決め、ゲーム差を2とした。
1-1で迎えた3回にウッズが福田から28号2ランを放って勝ち越すと、
4-2の5回にも西村から29号2ランを放った。
先発中田は2失点完投で自己最多の9勝目。
ウッズとともに上がったお立ち台で
「最近、チームのために働けていなかったので、よかったです
(巨人に)早めに追いついて追い越したいです」と話した。

・中日:本塁打攻勢で連勝
 巨人は先発・福田が制球難
 (毎日新聞)

 中日が本塁打攻勢に小技を絡め連勝。
三回にウッズの2ランで勝ち越し。
四回に李炳圭、六回に再びウッズの29号2ランで突き放し、
七回にスクイズで試合を決めた。
中田は10奪三振で完投勝利。
巨人は先発・福田が制球難から崩れ、6カードぶりに負け越した。

 ▽中日・落合監督
 (中田について)よっぽど(前回の)横浜戦の交代が
いい薬になったんだろう。
巨人打線は逃げたらやられる。力勝負しないと。

 ▽巨人・原監督
 (阪神、中日6連戦を2勝3敗1分け)きちんと立て直さないと。
内容からすると、よくこの数字が残ったというくらいだから。

・“巨人キラー”中田も強気の攻め
 中日、巨人のお株奪う一発攻勢!
 (サンケイスポーツ)

代打サヨナラ本塁打で延長十二回を制した前夜の勢いそのままに、
中日が一発攻勢をかけた。

 ウッズが三回に真ん中高めの直球をとらえ
、8月初本塁打となる勝ち越しの28号2ラン。
四回に李炳圭がソロ本塁打を放つと、
六回にはまたもウッズがライナーで右中間スタンドへ飛び込む、
この試合2本目の2ラン。
12球団トップの140本塁打を放っている巨人のお株を奪う攻撃で、
リードを広げた。

 「巨人はいい投手が多いから、
四球じゃなくてちゃんとストライクを投げてくる」。
四球攻めでたまっていたフラストレーションをはらす2発に、
主砲はご機嫌だった。

 打線の援護に中田も応えた。
強気に直球で攻めて10三振を奪い、完投で自己最多の9勝目。
巨人には今季3戦3勝と強さを発揮している。

 2連勝で巨人とのゲーム差を2まで戻した。
落合監督は「あれだけ満塁で点が入らなかったのが、
コーンとホームランで点が入れば流れていくんだ」
と久しぶりの胸のすくような試合に笑った。
後半戦波に乗れなかった中日が、再び弾みをつけそうだ。

・頼もしい「不動の4番」(時事ドットコム)
 本塁打のリーグトップを走る主砲のアーチに、
満員のナゴヤドームが沸いた。
中日のウッズが7月18日以来の1試合2本塁打。
4打点の活躍を見せた4番打者が、
首位巨人を追う大事な3連戦を勝ち越しに導いた。
 1本目は同点で迎えた4回に福田の直球をとらえ、
6回は西村のシュートを快打。ともに右翼席に運んだ。
8月はここまで本塁打がなかったが、
試合前に好調時の打撃を集めたビデオを見てイメージを植え付けた。
2本目は内角低めの難しい球をライナー性の打球で突き刺し、
「うまくとらえることができた」と顔をほころばせた。
 後半戦に入ってから練習中に黙々と走り込む姿が目に付く。
体重を2キロ落として「体調はいい」。
好調のバロメーターとなる右方向への本塁打。バットも体も上向きだ。
 福留が離脱してから、なかなか打線が固定されないが、
ウッズの4番だけは動かない。
本塁打に続き、打点も77でリーグトップに躍り出た。
落合監督は「あれだけコーンと本塁打で点が入れば、
試合が(有利に)流れていく」とにんまり。
巨人追走へ、不動の4番は大きな頼りとなる。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
はじめに+サイトマップ
他球団ファン用まとめ一覧
Lc.ツリーカテゴリー
現在修正中…
スポンサードリンク

プロフィール

ドアラマニア

Author:ドアラマニア

20代
愛知県在住

近いうちに
詳しいプロフィールを作るかも

ランキング参加中!!
Amazon.co.jp

QRコード
QRコード
開設日数+更新ペース
いろいろ

人気ブログランキング - 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪


ページランク


ページランク

ページランクの偽装チェックツール

ページランク専門学校

スカウター : 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪




野球についてのブログを表示する.

人気ブログランキング