若手で(;´Д`)ハァハァ

ナゴヤ球場での中日ドラゴンズの2軍、ファーム試合観戦情報
HOME > スポンサー広告 > 中日ドラゴンズの10人目の味方…それは千葉マリンの強風!HOME > .2007 1軍 中日ドラゴンズ 試合など > 中日ドラゴンズの10人目の味方…それは千葉マリンの強風!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) | ↑Top this entry
→HOME←

中日ドラゴンズの10人目の味方…それは千葉マリンの強風! 

ドラゴンズvsマリーンズ 2回戦
チーム名
ドラゴンズ
マリーンズ

(中)小笠原、岡本、岩瀬-谷繁
(巨)小野、藤田、薮田、小宮山-橋本
 ▽勝 小笠原4試合3勝
 ▽敗 薮田14試合1勝1敗
 ▽S 岩瀬18試合1敗13S
・TBSの試合結果詳細

◆落合監督
「やっと3年目にして千葉マリンの戦いに慣れた。
千葉マリンには戦い方がある。
今日のバッテリーはそれを頭に入れておいてくれたということだ」

・にほんブログ村 中日ドラゴンズのブログはこちらからGO
・FC2ランキングで野球のブログを探すならこちらからGO
20070523_小笠原ヒーローインタビュー 20070523_ドアラ


 小笠原が前回に続き粘り強い投球内容で7回を投げきり、
今シーズン3勝目をあげ、
打っては李炳圭3安打と猛打賞で活躍し
中日ドラゴンズとしても千葉マリンの連敗をで止める!!

 この試合目立ったのは小笠原はもちろんだが、
それと同等に貢献してくれたのが千葉マリンの強風だ。
ロッテの打者の打球で、
アッ、これはやばいって思う打球が3,4回あったんだけど、
その全てがフェンス手前で失速して、
外野フライになったり、二塁打に抑えれたりして助かった印象。
正直この球場でなかったらフェンスオーバーの打球もあっただろう。
まさか、今まで邪魔で厄介な存在でしかなかった千葉マリンの強風が、
中日ドラゴンズ味方になることがあるとは思ってもみなかった。
そういう意味では今日の試合は敵のエラーなどもあったりして、
中日ドラゴンズがあったということかな(^_^)

 あと最後に英智井上の1軍復帰おめ(^o^)
20070523_英智と井上昇格おめ 20070523_井上昇格スタメンおめ


・ウッズが同点犠飛(日刊スポーツ)
 中日ウッズが同点犠飛を放った。
1点を追う4回、無死二、三塁の場面で
ロッテ先発小野から右翼へ飛球を打ち上げた。
三塁走者の立浪がホームインして同点とした。
ウッズは「何とかして点を入れたかったので集中して打席に立ったよ」
と話した。

・首位返り咲き(日刊スポーツ)
 中日が逆転勝ちで千葉マリンでのロッテ戦の連敗を6で止め、
日本ハムに敗れた巨人を抜いて首位に返り咲いた。
1-2で迎えた8回、1死一、二塁から井端のタイムリーで同点とすると、
続く立浪の二ゴロを堀が弾く間に勝ち越しに成功。
9回にも中村紀のタイムリー二塁打、
李のタイムリーで2点を加えて試合を決めた。
7回2失点で3勝目を挙げた小笠原は
「去年、(ロッテに)負けているので、
借りを返そうと思って投げました」と話した。

・中日:逆転で首位に立つ
 ロッテの連勝は3でストップ
 (毎日新聞)

 中日が逆転で、首位に立った。
1点を追う八回、1死一、二塁から
井端の左越え二塁打と立浪の二ゴロで2点を挙げ、
試合をひっくり返した。
ロッテの連勝は3でストップ。
七回2死三塁に西岡の左前適時打で勝ち越したが、
救援陣がリードを守りきれなかった。

 ▽ロッテ・バレンタイン監督
 (小野を交代させる)判断は難しかった。私が間違えたかなと思う。

▽中日・落合監督
 (交流戦)3年目で、ようやく(千葉マリンに)慣れたということだ。
投打とも、ここならではの戦い方がある。

 ○…ロッテ・小野の7回1失点の好投も実らなかった。
「最初はどうしようかと思った」というほど立ち上がりは調子が悪く、
中日打線の打ち損じに助けられたが、中盤から立ち直った。
七回に中村紀のライナーを
左太ももに受けたこともあって八回から交代した。
中継ぎが打たれて白星をのがしたが
「それは仕方がない。悪いなりにゲームを作れたのが収穫」
と淡々と振り返った。

 ○…中日・小笠原が粘りの投球を見せた。
一回、連続二塁打でいきなり失点したが、
その後は再三走者を許しながら、
味方の好守にも支えられて7回を2失点。
八回に味方打線が試合をひっくり返し、
無傷の3勝目となる白星まで転がり込んだ。
千葉・市船橋高出身の小笠原にとって、
千葉マリンのマウンドは高校時代に何度も踏んだ思い出の地。
「去年は千葉マリンで(ロッテに)負けていたので、
借りを返したかった。地元で、成長した姿を見せられたと思う」。
30歳となった左腕が、故郷に錦を飾った。

・中日の小笠原、地元で晴れ姿
 (時事ドットコム)

 中日が千葉マリンでの連敗を6で止めた。
原動力は、地元出身の先発小笠原だった。
1回に先制点を許し、毎回のように走者を背負ったが、
粘り強く7回を2失点。逆転勝ちを呼び込んだ。
 4日から先発陣に加わり、無傷の3連勝。
千葉・市立船橋高時代に投げた思い出の球場で、
昨年の交流戦で敗れた借りを返して
「成長した姿を見せられたので、次も自分を出せるように頑張る」。
チームにとっての鬼門で、晴れ姿を披露した。

・オレ竜が首位再浮上!
 『鬼門』の千葉マリンで痛快逆転劇!
 (サンケイスポーツ)

 『鬼門』でようやく勝ち星を挙げた。
中日が千葉マリンでの連敗を6で止め、
巨人と入れ替わって首位に立った。
七回まで小野の前にわずか3安打で1点。
だが八回、右腕の交代を機に流れが変わった。

 無死一塁で李炳圭が見逃しと空振りで2球続けてバントに失敗。
強攻に切り替えた3球目、打球は高く弾んで三塁内野安打となった。
谷繁が倒れた一死後、井端は
「谷繁さんにタマがホップしていると聞き、
いつも以上に上からたたこうと思った」。
狙い通りの直球を左中間へ同点二塁打した。
さらに立浪の二ゴロ(失策)で勝ち越しの走者がかえった。

 終盤での逆転は、七回まで2失点にしのいだことが大きい。
四回には左への安打を、
この日一軍に上がった井上の好返球で二塁を狙った青野を刺した。
さらに二死二塁で橋本のライナーを中村紀が横っ跳びで捕った。
守りの要の1人である荒木が故障で戦列を離れたが、
先発の小笠原を守備でもり立てた。

 「3年目でやっとマリンに慣れたということ」と落合監督は笑った。
苦手な球場での勝利を弾みに、
前回1日で滑り落ちた首位を今度はがっちりキープできるか。
25日からは西武2連戦(グッドウィル)が待つ。

ランキング参加中!!
にほんブログ村 野球ブログへ面白ければポチっと(^.^)
FC2_バナー面白くなくてもポチっと(^.^)
コメントありがとうございます。
リンクの件、承知しました。
早速リンクします。今後とも宜しくお願いします。

ドラゴンズファンとの交流がまた一人増えて嬉しい
限りです。昨年は随分ドラキチさんたちと盛り上がり
ましたよぉ。今年もそーなれば良いですねぇ。
[ 2007/05/25 22:00 ] [ 編集 ]
相互リンクの件、ありがとうございました(^^)

こちらこそ、これからよろしくお願いします。


[ 2007/05/25 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
はじめに+サイトマップ
他球団ファン用まとめ一覧
Lc.ツリーカテゴリー
現在修正中…
スポンサードリンク

プロフィール

ドアラマニア

Author:ドアラマニア

20代
愛知県在住

近いうちに
詳しいプロフィールを作るかも

ランキング参加中!!
Amazon.co.jp

QRコード
QRコード
開設日数+更新ペース
いろいろ

人気ブログランキング - 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪


ページランク


ページランク

ページランクの偽装チェックツール

ページランク専門学校

スカウター : 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪




野球についてのブログを表示する.

人気ブログランキング