若手で(;´Д`)ハァハァ

ナゴヤ球場での中日ドラゴンズの2軍、ファーム試合観戦情報
HOME > スポンサー広告 > エース(川上)と4番(ウッズ)の仕事。連敗脱出!HOME > .2007 1軍 中日ドラゴンズ 試合など > エース(川上)と4番(ウッズ)の仕事。連敗脱出!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) | ↑Top this entry
→HOME←

エース(川上)と4番(ウッズ)の仕事。連敗脱出! 

ジャイアンツvsドラゴンズ 6回戦
チーム名
巨人
中日1×

(巨)木佐貫、野口、真田、林、会田-阿部
(中)川上、久本、岡本-小田、谷繁
 ▽勝 岡本14試合2勝
 ▽敗 会田15試合1勝1敗
 ▽本塁打 小笠原6号(1)(川上)=3回
        ウッズ10号(1)(木佐貫)=5回
        森野4号(3)(林)=8回
・TBSの結果速報

20070503_ウッズ森野お立ち台

20070503_ウッズ笑顔


森野同点スリーランキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
英智猛打賞キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ウッズサヨナラ打キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
7連敗阻止キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ゴールデンウィーク初勝利キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
お立ち台での通訳怠慢キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


1勝する大変さ1勝の喜び
この長かった1週間は色々なことを教えてもらったよ(^.^)

今日は落合監督がよく言う、
エース(川上)4番(ウッズ)で勝った試合だった。
エース川上は2週間ぶりの先発でなおかつチームは連敗中。
プレッシャーもあったと思うが7回1失点と試合を作ってくれた。
贅沢を言えば6回のチャンスで中日打線に勝ち越してもらい、
川上に勝ちをつけさせてやれれば最高だったんだが。

 4番のウッズは昨日の試合で審判での暴言での退場で、
チームに迷惑をかけていたので、
この試合にかける思いは人一倍だったろう。
まず5回に得意の木佐貫から同点ホームラン
8回には右方向に軽打でヒット。
で、締めは9回にやってきた…
1塁が空いていたということもあり前の打者福留を敬遠で、
ウッズ勝負を選んだ巨人ベンチと会田
9回同点でランナー1,2塁の最大のチャンスの場面で、
投手会田の初球のど真ん中のストレートを、
外野の間を抜ける右中間へヒット!
相手外野陣は打球を追うのを諦め、
セカンドのサヨナラランナー井端が余裕のホームイン(^^)V
ホントに4番、ウッズ様様
20070503_ウッズサヨナラ打


 その他に目立った選手は森野英智か。
森野は起死回生の同点スリーランを8回に放つ。
ただ6回の満塁のチャンスで野口のストレートを見逃しの三振した時は、
酷い言葉を言っちゃって(*・_・;)∂ ごめんちゃい!
20070503_森野同点スリーラン

英智の代わりに出場して昨日は2安打、今日は3安打と大活躍。
気になるのは8回に途中交代したことだ…
せっかく調子が良いのにこれで離脱なんてしたら…orz
明日の試合で何食わぬ顔でスタメンで出場している英智を見たいよぉ。

あ、あと忘れていけないのが中継ぎの岡本
今は岩瀬よりも安定感がある中日投手陣の最後の砦と言ってもいいほど。
昨日2イニング投げての連投で疲れもあったと思うが、
9回を無失点で抑えて勝利投手に。
2004年の輝きをついに取り戻したか?

最後に、2004年5月1日以来の横浜単独首位おめ。
ただ明日から覚悟しといてね(^^)V

・ウッズが10号同点弾(日刊スポーツ)
 中日ウッズが同点本塁打を放った。
1点を追う5回、巨人先発・木佐貫のフォークを
バックスクリーンへ10号ソロ。
2日の第1打席でストライクの判定をめぐり
審判へ暴言を吐いたとされ退場になった主砲は
「三振しないように気をつけて思い切りボールを強くたたいた」
と話した。

・川上が7回1失点降板(日刊スポーツ)
 先発した中日川上が7回1失点で降板した。
3回に小笠原のソロで先制されたが、
8安打を浴びながらも最少失点で抑えた。
降板後は「小笠原さんのホームランは防げたのではないかと思う。
いつもと違うプレッシャーはあった」と話した。

・サヨナラ勝ちで連敗6でストップ(日刊スポーツ)
 中日がサヨナラ勝ちし、連敗を6で止めた。
1-5で迎えた8回に森野の右越え3ランなど4点を奪って同点。
9回裏2死一、二塁からウッズが右中間にサヨナラ打を放った。
ウッズは5回に中越えの10号ソロをマークするなど
4打数3安打2打点。
「(9回は)甘いボールを待っていた。ヒットになってよかった」
と話した。

・ウッズ決めた!連敗止めた!
 中日4点差逆転しサヨナラ勝ち(サンケイスポーツ)

 ベンチを飛び出す選手。繰り返されるハイタッチ。
中日ナインの輪の中心で、ヒーローのウッズがもみくちゃになった。
その熱狂ぶりが1勝の重みを物語っていた。

 ウッズが振り返る。
「連敗続きでベンチの雰囲気は少し落ちていた」。
この日も川上の好投で接戦に持ち込みながら、
八回に久本が打たれて4点差をつけられた。
今季最多3万8000人超の観客の誰もが大勢は決したと思ったはず。

 だが「あきらめない気持ちで打席に入った」
と言う森野の一振りで息を吹き返すと、勢いそのままに九回。
二死二塁から福留は敬遠されて4番勝負に。その初球。
五回に10号ソロを放っている強打者が、
前夜の退場処分のうっぷんも晴らすサヨナラ打を右へ運んだ。

 5年ぶりの7連敗は驚異の粘りで免れた。
暗く、長いトンネルをようやく抜け
「連敗を止めるのはエースか4番のどちらか」と落合監督。
期待通りの活躍に賛辞を贈られた主砲は
「その言葉はうれしい」と喜び、さらに続けた。
「でもエースと4番だけでは勝てない。チーム全員でつかんだ勝利だ」

・中日:サヨナラ勝ちで連敗を6で止める
    巨人は4連勝逃す(毎日新聞)

 中日が今季2度目のサヨナラ勝ちで連敗を6で止め、
勝率5割に戻した。
八回に福留の犠飛と森野の3ランで同点とし、
九回2死一、二塁からウッズが右中間に決勝打を放った。
巨人は八回に5安打を集めて4点を勝ち越したが継投に失敗し、
4連勝を逃した。

 ▽中日・落合監督
 (連敗を)止めるのはエースか4番。
多少変わってくれれば。負けに慣れてなく、もがき苦しんだ。
いい経験になる。きょうからスタートと思えばいい。

 ▽巨人・原監督
 (九回2死二塁からの福留敬遠、ウッズ勝負について)
塁を詰めるのが一つのセオリー。致し方ない。
4点を守りきれなかったのがきょうのゲーム。

・中日の森野、同点弾に満足げ(時事ドットコム)
 中日の森野が起死回生の同点3ラン。
8回一死一、三塁の好機で林のスライダーを右翼に運んだ。
6回は二死満塁で見逃し三振。
「前の打席で最低の結果だったので思い切って振っていこうと開き直った」
と積極的な姿勢が好結果に結び付いた。
 6連敗中だったチームを救う貴重な一発に、
「あきらめない気持ちで1打席1打席入っている。
皆のそういう気持ちがこういう結果につながった」と満足げだった。

・中日、王者の底力発揮=エースと4番で連敗止める
 (時事ドットコム)

 ウッズの打球が右中間を抜けると、
一塁ベース付近にナインが集まって歓喜の輪ができた。
中日が4点差を追い付き、最後は王者の底力でサヨナラ勝ち。
連敗中のチームを包み込んでいた重苦しい雰囲気を
ようやく振り払った。
 泥沼にはまっていたチームを勝利に導いたのは投打の柱だった。
右すねに打球を受けて登録を抹消されていた川上が2週間ぶりの登板。
連敗脱出を託されたマウンドで連勝中の巨人の勢いを受け止めた。
再三走者を許しながらも7回1失点。
勝利投手になれなかったとはいえ、
「久々とか考えている余裕はなかった。チームが勝って良かった」
と満足げに話した。
 エースの力投に応えたのはウッズ。
9回二死二塁で福留が敬遠されると、
4番のプライドを懸けて会田のフォークを打ち返した。
前日は球審への暴言で退場し、敗戦の責任を感じていた主砲。
「何が何でも打とうと思っていた。
チームの勝ちに貢献できるよう頑張った」と笑みを浮かべた。
 敗色濃厚の試合をものにし、借金生活も1日で解消。
落合監督も「(連敗を)止めるのはエースか4番。
きょうからスタートと考えればいい」。
連覇を目指すチームにとって、大きな1勝となった。

にほんブログ村 野球ブログへ面白ければポチっと(^.^)
FC2_バナー面白くなくてもポチっと(^.^)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
はじめに+サイトマップ
他球団ファン用まとめ一覧
Lc.ツリーカテゴリー
現在修正中…
スポンサードリンク

プロフィール

ドアラマニア

Author:ドアラマニア

20代
愛知県在住

近いうちに
詳しいプロフィールを作るかも

ランキング参加中!!
Amazon.co.jp

QRコード
QRコード
開設日数+更新ペース
いろいろ

人気ブログランキング - 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪


ページランク


ページランク

ページランクの偽装チェックツール

ページランク専門学校

スカウター : 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪




野球についてのブログを表示する.

人気ブログランキング